マネジメントという単語は「経営」や「管理」と訳されることが多く、いかにもビジネス用語といったイメージがつきまといますが、 本来の意味は「目標や目的を達成するために必要な要素を分析し、成功するために手を打つこと」です。 では、馬券における成功とは何でしょうか? 的中ですか? 競馬をスポーツやゲームのようなエンタテイメントの一種として捉えるなら、 的中=成功と考えても問題ありません。しかし、競馬をギャンブルあるいは投資として捉えるなら、それは大間違いです。 馬券の収支が黒字にならなければ、いくら的中しても「成功」とは言えません。 つまり、当サイトのタイトルとなっている「馬券マネジメント」とは、「馬券で勝つために必要な要素を分析し、収支を黒字にするために手を打つこと」を指します。


一番強いのはどの馬か? 上位に来る確率が高いのはどの馬か? それを競馬新聞などに記載されている過去の成績や血統、 あるいは調教やパドックでの様子などから考えるというのが、競馬予想における最もオーソドックスなアプローチ方法でしょう。 どのファクターを重視するかは十人十色だとしても、その目的が「馬券を的中させること」にあるのは変わりません。 しかし、残念ながら馬券の的中=成功とは言えないことは前項で述べたとおり。馬券で勝つためには、これまでとは異なる視点からのアプローチが必要です。 従来の競馬予想が各馬の能力分析に重点を置いたものだとすると、馬券で勝つための予想では各馬の期待値分析がその焦点となります。




馬A(勝率40%:単勝2.0倍)…10回のうち4回的中、合計払戻金800円
馬B(勝率10%:単勝8.0倍)…10回のうち1回的中、合計払戻金800円
あるレースで勝つ確率が40%の馬と10%の馬がいたとします。従来のアプローチでは当然40%の馬が高く評価されるわけですが、 仮に40%の馬の単勝オッズが2.0倍、10%の馬の単勝オッズが8.0倍なら、馬券としての価値に違いはありません。 上の例では、それぞれ単勝馬券を10回ずつ購入していますので、1点100円で計算すると馬券の購入額はどちらも1,000円となります。 期待値とは、購入額に対してどれくらいの払戻金が期待できるかを示す数値のことですから、上の例ではどちらも800÷1000=0.8で80%となるわけです。 ちなみに、ご存じのとおり単複馬券の控除率は約20%、連勝馬券の控除率は約25%ですから、 ある馬券の的中率と支持率(売上に占める割合)が同じなら、単複馬券の期待値は約80%、連勝馬券の期待値は約75%となります。


当サイトでは、各レースの出走馬を「Ability Point」と「Value Point」という2種類の数値で評価します。 Ability Pointは出走馬の能力=レースで上位に来る可能性の高さを、 Value Pointは出走馬の期待値=馬券としての価値の高さを数値化したものです。 各Pointを算出するための計算式は過去10年間、30,000レース以上の成績を元に作成したもので、 いずれも調教やパドックでの様子など、見る人によって評価が異なるファクターは一切使用していません。 そのため好不調の波に左右されることなく、誰がいつ何回計算しても同じ結果が得られるという特徴があります。


AP評価単勝的中率単勝回収率複勝的中率複勝回収率
28.8%84.5%60.7%86.9%
17.5%81.2%48.0%84.6%
12.7%80.5%39.1%82.3%
10.1%80.8%32.2%80.8%
×7.4%79.8%26.0%77.9%
5.9%78.1%22.0%79.4%
解析結果をみるでは、Ability Point(能力値)が高い馬から順にAP評価として◎○▲△×☆の印を付けています。 直近5年間(2014年11月~2019年10月)の新馬戦・障害戦を除く15,232レースにおけるAP評価順の成績は、以下のとおりです。

※右記の数値は過去のシミュレーション結果であり、今後の成績を保証するものではありません。


VP評価単勝的中率単勝回収率複勝的中率複勝回収率
18.2%100.1%43.5%96.7%
16.2%91.4%42.5%92.2%
13.5%89.8%37.9%87.9%
11.3%83.5%33.1%82.0%
×9.3%78.3%29.8%81.6%
8.2%78.3%25.9%75.2%
解析結果をみるでは、Value Point(期待値)が高い馬から順にVP評価として◎○▲△×☆の印を付けています。 直近5年間(2014年11月~2019年10月)の新馬戦・障害戦を除く15,232レースにおけるVP評価順の成績は、以下のとおりです。

※右記の数値は過去のシミュレーション結果であり、今後の成績を保証するものではありません。


解析結果をみるでは、各レースの解析結果を元に 激レア解析特選レース 一撃推奨レース ハイブリッド型レース 投資型レースS 投資型レースA 投資型レースB 投資型レースC の7ランクに分類した上で、 投資型レースB投資型レースCについては無料で解析結果と推奨買い目を公開しています。 投資型レースB投資型レースC以外の解析結果と推奨買い目をご覧いただくには、各レースのランクに応じたチケットが必要です。詳しくはメニュー紹介をご覧ください。

なお、 投資型レースS 投資型レースA 投資型レースB 投資型レースC では、新解析プログラム「Ver.2020改」の「買い目選定ロジック」に基づき、推奨買い目の点数は下記のとおり統一されています。

投資型レースS…馬連5頭ボックス(10点)+三連複5頭ボックス(10点)
投資型レースA…馬連5頭ボックス(10点)+三連複5頭ボックス(10点)
投資型レースB…馬連5頭ボックス(10点)+三連複5頭ボックス(10点)
投資型レースC…8頭立て以上:馬連5頭ボックス(10点)+三連複5頭ボックス(10点)、7頭立て以下:馬連4頭ボックス(6点)+三連複4頭ボックス(4点)

※その他のレースにつきましては、当日オッズ等を参考に券種、推奨買い目を決定いたします。


解析結果をみるでは、各買い目に対する推奨資金配分を具体的な金額でお伝えしています。 1レースあたりの推奨購入額はレースのランクによって異なります。

激レア解析特選レース…30,000円 一撃推奨レース…30,000円
ハイブリッド型レース…15,000円
投資型レースS…12,000円 投資型レースA…6,000円
投資型レースB…2,000円 投資型レースC…2,000円


ランクレース数的中率回収率勝率(黒字率)
日単位週単位月単位
Sのみ3,45230.8%131.9%34.2%36.7%56.7%
A以上9,60336.8%117.3%37.3%41.7%56.7%
すべて17,31639.6%111.6%35.6%42.1%55.0%
直近5年間(2014年11月~2019年10月)に行なわれた17,316レースをすべて「投資型レース」とみなし、 解析プログラムによって機械的に決定された買い目を推奨資金配分どおり購入した場合の成績は、以下のとおりです。

※右記の数値は過去のシミュレーション結果であり、今後の成績を保証するものではありません。






マネジメントという単語は「経営」や「管理」と訳されることが多く、いかにもビジネス用語といったイメージがつきまといますが、 本来の意味は「目標や目的を達成するために必要な要素を分析し、成功するために手を打つこと」です。 では、馬券における成功とは何でしょうか? 的中ですか? 競馬をスポーツやゲームのようなエンタテイメントの一種として捉えるなら、 的中=成功と考えても問題ありません。しかし、競馬をギャンブルあるいは投資として捉えるなら、それは大間違いです。 馬券の収支が黒字にならなければ、いくら的中しても「成功」とは言えません。 つまり、当サイトのタイトルとなっている「馬券マネジメント」とは、「馬券で勝つために必要な要素を分析し、収支を黒字にするために手を打つこと」を指します。


一番強いのはどの馬か? 上位に来る確率が高いのはどの馬か? それを競馬新聞などに記載されている過去の成績や血統、 あるいは調教やパドックでの様子などから考えるというのが、競馬予想における最もオーソドックスなアプローチ方法でしょう。 どのファクターを重視するかは十人十色だとしても、その目的が「馬券を的中させること」にあるのは変わりません。 しかし、残念ながら馬券の的中=成功とは言えないことは前項で述べたとおり。馬券で勝つためには、これまでとは異なる視点からのアプローチが必要です。 従来の競馬予想が各馬の能力分析に重点を置いたものだとすると、馬券で勝つための予想では各馬の期待値分析がその焦点となります。




馬A(勝率40%:単勝2.0倍)…10回のうち4回的中、合計払戻金800円
馬B(勝率10%:単勝8.0倍)…10回のうち1回的中、合計払戻金800円
あるレースで勝つ確率が40%の馬と10%の馬がいたとします。従来のアプローチでは当然40%の馬が高く評価されるわけですが、 仮に40%の馬の単勝オッズが2.0倍、10%の馬の単勝オッズが8.0倍なら、馬券としての価値に違いはありません。 上の例では、それぞれ単勝馬券を10回ずつ購入していますので、1点100円で計算すると馬券の購入額はどちらも1,000円となります。 期待値とは、購入額に対してどれくらいの払戻金が期待できるかを示す数値のことですから、上の例ではどちらも800÷1000=0.8で80%となるわけです。 ちなみに、ご存じのとおり単複馬券の控除率は約20%、連勝馬券の控除率は約25%ですから、 ある馬券の的中率と支持率(売上に占める割合)が同じなら、単複馬券の期待値は約80%、連勝馬券の期待値は約75%となります。


当サイトでは、各レースの出走馬を「Ability Point」と「Value Point」という2種類の数値で評価します。 Ability Pointは出走馬の能力=レースで上位に来る可能性の高さを、 Value Pointは出走馬の期待値=馬券としての価値の高さを数値化したものです。 各Pointを算出するための計算式は過去10年間、30,000レース以上の成績を元に作成したもので、 いずれも調教やパドックでの様子など、見る人によって評価が異なるファクターは一切使用していません。 そのため好不調の波に左右されることなく、誰がいつ何回計算しても同じ結果が得られるという特徴があります。


AP評価単勝的中率単勝回収率複勝的中率複勝回収率
28.8%84.5%60.7%86.9%
17.5%81.2%48.0%84.6%
12.7%80.5%39.1%82.3%
10.1%80.8%32.2%80.8%
×7.4%79.8%26.0%77.9%
5.9%78.1%22.0%79.4%
解析結果をみるでは、Ability Point(能力値)が高い馬から順にAP評価として◎○▲△×☆の印を付けています。 直近5年間(2014年11月~2019年10月)の新馬戦・障害戦を除く15,232レースにおけるAP評価順の成績は、以下のとおりです。

※右記の数値は過去のシミュレーション結果であり、今後の成績を保証するものではありません。


VP評価単勝的中率単勝回収率複勝的中率複勝回収率
18.2%100.1%43.5%96.7%
16.2%91.4%42.5%92.2%
13.5%89.8%37.9%87.9%
11.3%83.5%33.1%82.0%
×9.3%78.3%29.8%81.6%
8.2%78.3%25.9%75.2%
解析結果をみるでは、Value Point(期待値)が高い馬から順にVP評価として◎○▲△×☆の印を付けています。 直近5年間(2014年11月~2019年10月)の新馬戦・障害戦を除く15,232レースにおけるVP評価順の成績は、以下のとおりです。

※右記の数値は過去のシミュレーション結果であり、今後の成績を保証するものではありません。


解析結果をみるでは、各レースの解析結果を元に 激レア解析特選レース 一撃推奨レース ハイブリッド型レース 投資型レースS 投資型レースA 投資型レースB 投資型レースC の7ランクに分類した上で、 投資型レースB投資型レースCについては無料で解析結果と推奨買い目を公開しています。 投資型レースB投資型レースC以外の解析結果と推奨買い目をご覧いただくには、各レースのランクに応じたチケットが必要です。詳しくはメニュー紹介をご覧ください。

なお、 投資型レースS 投資型レースA 投資型レースB 投資型レースC では、新解析プログラム「Ver.2020改」の「買い目選定ロジック」に基づき、推奨買い目の点数は下記のとおり統一されています。

投資型レースS…馬連5頭ボックス(10点)+三連複5頭ボックス(10点)
投資型レースA…馬連5頭ボックス(10点)+三連複5頭ボックス(10点)
投資型レースB…馬連5頭ボックス(10点)+三連複5頭ボックス(10点)
投資型レースC…8頭立て以上:馬連5頭ボックス(10点)+三連複5頭ボックス(10点)、7頭立て以下:馬連4頭ボックス(6点)+三連複4頭ボックス(4点)

※その他のレースにつきましては、当日オッズ等を参考に券種、推奨買い目を決定いたします。


解析結果をみるでは、各買い目に対する推奨資金配分を具体的な金額でお伝えしています。 1レースあたりの推奨購入額はレースのランクによって異なります。

激レア解析特選レース…30,000円 一撃推奨レース…30,000円
ハイブリッド型レース…15,000円
投資型レースS…12,000円 投資型レースA…6,000円
投資型レースB…2,000円 投資型レースC…2,000円


ランクレース数的中率回収率勝率(黒字率)
日単位週単位月単位
Sのみ3,45230.8%131.9%34.2%36.7%56.7%
A以上9,60336.8%117.3%37.3%41.7%56.7%
すべて17,31639.6%111.6%35.6%42.1%55.0%
直近5年間(2014年11月~2019年10月)に行なわれた17,316レースをすべて「投資型レース」とみなし、 解析プログラムによって機械的に決定された買い目を推奨資金配分どおり購入した場合の成績は、以下のとおりです。

※右記の数値は過去のシミュレーション結果であり、今後の成績を保証するものではありません。






マネジメントという単語は「経営」や「管理」と訳されることが多く、いかにもビジネス用語といったイメージがつきまといますが、 本来の意味は「目標や目的を達成するために必要な要素を分析し、成功するために手を打つこと」です。 では、馬券における成功とは何でしょうか? 的中ですか? 競馬をスポーツやゲームのようなエンタテイメントの一種として捉えるなら、 的中=成功と考えても問題ありません。しかし、競馬をギャンブルあるいは投資として捉えるなら、それは大間違いです。 馬券の収支が黒字にならなければ、いくら的中しても「成功」とは言えません。 つまり、当サイトのタイトルとなっている「馬券マネジメント」とは、「馬券で勝つために必要な要素を分析し、収支を黒字にするために手を打つこと」を指します。


一番強いのはどの馬か? 上位に来る確率が高いのはどの馬か? それを競馬新聞などに記載されている過去の成績や血統、 あるいは調教やパドックでの様子などから考えるというのが、競馬予想における最もオーソドックスなアプローチ方法でしょう。 どのファクターを重視するかは十人十色だとしても、その目的が「馬券を的中させること」にあるのは変わりません。 しかし、残念ながら馬券の的中=成功とは言えないことは前項で述べたとおり。馬券で勝つためには、これまでとは異なる視点からのアプローチが必要です。 従来の競馬予想が各馬の能力分析に重点を置いたものだとすると、馬券で勝つための予想では各馬の期待値分析がその焦点となります。




馬A(勝率40%:単勝2.0倍)…10回のうち4回的中、合計払戻金800円
馬B(勝率10%:単勝8.0倍)…10回のうち1回的中、合計払戻金800円
あるレースで勝つ確率が40%の馬と10%の馬がいたとします。従来のアプローチでは当然40%の馬が高く評価されるわけですが、 仮に40%の馬の単勝オッズが2.0倍、10%の馬の単勝オッズが8.0倍なら、馬券としての価値に違いはありません。 上の例では、それぞれ単勝馬券を10回ずつ購入していますので、1点100円で計算すると馬券の購入額はどちらも1,000円となります。 期待値とは、購入額に対してどれくらいの払戻金が期待できるかを示す数値のことですから、上の例ではどちらも800÷1000=0.8で80%となるわけです。 ちなみに、ご存じのとおり単複馬券の控除率は約20%、連勝馬券の控除率は約25%ですから、 ある馬券の的中率と支持率(売上に占める割合)が同じなら、単複馬券の期待値は約80%、連勝馬券の期待値は約75%となります。


当サイトでは、各レースの出走馬を「Ability Point」と「Value Point」という2種類の数値で評価します。 Ability Pointは出走馬の能力=レースで上位に来る可能性の高さを、 Value Pointは出走馬の期待値=馬券としての価値の高さを数値化したものです。 各Pointを算出するための計算式は過去10年間、30,000レース以上の成績を元に作成したもので、 いずれも調教やパドックでの様子など、見る人によって評価が異なるファクターは一切使用していません。 そのため好不調の波に左右されることなく、誰がいつ何回計算しても同じ結果が得られるという特徴があります。


AP評価単勝的中率単勝回収率複勝的中率複勝回収率
28.8%84.5%60.7%86.9%
17.5%81.2%48.0%84.6%
12.7%80.5%39.1%82.3%
10.1%80.8%32.2%80.8%
×7.4%79.8%26.0%77.9%
5.9%78.1%22.0%79.4%
解析結果をみるでは、Ability Point(能力値)が高い馬から順にAP評価として◎○▲△×☆の印を付けています。 直近5年間(2014年11月~2019年10月)の新馬戦・障害戦を除く15,232レースにおけるAP評価順の成績は、以下のとおりです。

※右記の数値は過去のシミュレーション結果であり、今後の成績を保証するものではありません。


VP評価単勝的中率単勝回収率複勝的中率複勝回収率
18.2%100.1%43.5%96.7%
16.2%91.4%42.5%92.2%
13.5%89.8%37.9%87.9%
11.3%83.5%33.1%82.0%
×9.3%78.3%29.8%81.6%
8.2%78.3%25.9%75.2%
解析結果をみるでは、Value Point(期待値)が高い馬から順にVP評価として◎○▲△×☆の印を付けています。 直近5年間(2014年11月~2019年10月)の新馬戦・障害戦を除く15,232レースにおけるVP評価順の成績は、以下のとおりです。

※右記の数値は過去のシミュレーション結果であり、今後の成績を保証するものではありません。


解析結果をみるでは、各レースの解析結果を元に 激レア解析特選レース 一撃推奨レース ハイブリッド型レース 投資型レースS 投資型レースA 投資型レースB 投資型レースC の7ランクに分類した上で、 投資型レースB投資型レースCについては無料で解析結果と推奨買い目を公開しています。 投資型レースB投資型レースC以外の解析結果と推奨買い目をご覧いただくには、各レースのランクに応じたチケットが必要です。詳しくはメニュー紹介をご覧ください。

なお、 投資型レースS 投資型レースA 投資型レースB 投資型レースC では、新解析プログラム「Ver.2020改」の「買い目選定ロジック」に基づき、推奨買い目の点数は下記のとおり統一されています。

投資型レースS…馬連5頭ボックス(10点)+三連複5頭ボックス(10点)
投資型レースA…馬連5頭ボックス(10点)+三連複5頭ボックス(10点)
投資型レースB…馬連5頭ボックス(10点)+三連複5頭ボックス(10点)
投資型レースC…8頭立て以上:馬連5頭ボックス(10点)+三連複5頭ボックス(10点)、7頭立て以下:馬連4頭ボックス(6点)+三連複4頭ボックス(4点)

※その他のレースにつきましては、当日オッズ等を参考に券種、推奨買い目を決定いたします。


解析結果をみるでは、各買い目に対する推奨資金配分を具体的な金額でお伝えしています。 1レースあたりの推奨購入額はレースのランクによって異なります。

激レア解析特選レース…30,000円 一撃推奨レース…30,000円
ハイブリッド型レース…15,000円
投資型レースS…12,000円 投資型レースA…6,000円
投資型レースB…2,000円 投資型レースC…2,000円


ランクレース数的中率回収率勝率(黒字率)
日単位週単位月単位
Sのみ3,45230.8%131.9%34.2%36.7%56.7%
A以上9,60336.8%117.3%37.3%41.7%56.7%
すべて17,31639.6%111.6%35.6%42.1%55.0%
直近5年間(2014年11月~2019年10月)に行なわれた17,316レースをすべて「投資型レース」とみなし、 解析プログラムによって機械的に決定された買い目を推奨資金配分どおり購入した場合の成績は、以下のとおりです。

※右記の数値は過去のシミュレーション結果であり、今後の成績を保証するものではありません。