デジタル馬券師 宝城哲司氏とのコラボが実現!新サービス「お宝レース」とは?
「馬券マネジメント」が宝城哲司氏にコラボをオファーした理由
2001年の著書『競馬ブック対応 当たる当たるRO理論』でデジタル馬券師として世に名を知らしめた宝城哲司氏。その後も日刊スポーツの「コンピ指数」と「人気指数」を用いた必勝法など、指数を駆使したデジタル馬券理論を20年以上にわたって研究されています。

一方、「馬券マネジメント」では<いつ誰が見ても変わらない100%客観的なデータ>だけを用いて、各出走馬のAP(能力値指数)/VP(期待値指数)を算出。この2種類の指数を基に各レースのランク=勝負度合いの高さを判定した上で、推奨買い目と推奨資金配分を決定しています。

どちらも「指数」を駆使してレース選定および買い目選定を行なっているわけですから、親和性の高さは疑うまでもありません。

そこで、競馬ブックの「レイティング」と「予想オッズ」、日刊スポーツの「コンピ指数」と「人気指数」の代わりに弊社の「AP」「VP」を用いたレース提供をオファーしたところご快諾いただき、この度のコラボが実現した次第です。

宝城哲司氏の原点、「競馬ブックRO理論」とは?
宝城哲司氏が最初の著書で提唱した「競馬ブックRO理論」の「R」は「レイティング」、「O」は「予想オッズ」を指しています。推奨買い目の決定に利用するのは、この2つの指数だけ。それ以外のファクターは一切使用しません。

具体的には、レイティングと予想オッズのいずれかで1~4位に評価された馬が馬券の対象となります。

以下で今年の「京王杯SC」と「ヴィクトリアマイル」を例にご説明いたしますので、是非ご覧ください。

例1:2020年5月16日 東京11R「京王杯スプリングC」
  • 馬番
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 馬名
  • ラヴィングアンサー
  • グルーヴィット
  • ケイアイノーテック
  • ドーヴァー
  • レッドアンシェル
  • ライラックカラー
  • ストーミーシー
  • ショウナンライズ
  • セイウンコウセイ
  • タワーオブロンドン
  • エントシャイデン
  • ステルヴィオ
  • ダノンスマッシュ
  • レイティング
  • 67.5
  • 67.5
  • 66.6
  • 66.7
  • 66.6
  • 66.7
  • 67.9
  • 63.8
  • 68.4
  • 70.3
  • 66.3
  • 69.0
  • 70.8
  • 順位
  • 6
  • 11
  • 9
  • 7
  • 9
  • 7
  • 5
  • 13
  • 4
  • 2
  • 12
  • 3
  • 1
  • 予想オッズ
  • 26.4
  • 6.4
  • 14.8
  • 16.2
  • 9.0
  • 28.1
  • 22.1
  • 27.8
  • 14.6
  • 3.2
  • 17.2
  • 6.6
  • 4.0
  • 順位
  • 11
  • 3
  • 7
  • 8
  • 5
  • 13
  • 10
  • 12
  • 6
  • 1
  • 9
  • 4
  • 2
  • 単勝

  • 複勝

  • 枠連
  • 馬連
  • 13
  • 13
    12
    2
  • 8-8
  • 12-13
  • 490円
  • 190円
    220円
    180円
  • 1,680円
  • 1,490円
  • 2番人気
  • 3番人気
    4番人気
    2番人気
  • 6番人気
  • 4番人気
  • 馬単

  • ワイド

  • 三連複
  • 三連単
  • 13-12
  • 12-13
    2-13
    2-12
  • 2-12-13
  • 13-12-2
  • 2,660円
  • 600円
    680円
    640円
  • 3,100円
  • 15,040円
  • 6番人気
  • 3番人気
    8番人気
    6番人気
  • 6番人気
  • 24番人気

「京王杯SC」のレイティング1~4位、予想オッズ1~4位を抜き出すと以下のとおり。

レイティング1位 (13)ダノンスマッシュ
レイティング2位 (10)タワーオブロンドン
レイティング3位 (12)ステルヴィオ
レイティング4位 (9)セイウンコウセイ

予想オッズ1位 (10)タワーオブロンドン
予想オッズ2位 (13)ダノンスマッシュ
予想オッズ3位 (2)グルーヴィット
予想オッズ4位 (9)セイウンコウセイ

つまり、レイティングと予想オッズの両方で1~4位になっている(9)(10)(13)、レイティング3位の(12)、予想オッズ3位の(2)が馬券の対象となります。

例2:2020年5月17日 東京11R「ヴィクトリアマイル」
  • 馬番
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 馬名
  • ラヴズオンリーユー
  • ビーチサンバ
  • シャドウディーヴァ
  • シゲルピンクダイヤ
  • プリモシーン
  • トーセンブレス
  • ダノンファンタジー
  • ディメンシオン
  • セラピア
  • メジェールスー
  • サトノガーネット
  • アーモンドアイ
  • トロワゼトワル
  • スカーレットカラー
  • アルーシャ
  • ノームコア
  • コントラチェック
  • サウンドキアラ
  • レイティング
  • 65.8
  • 65.3
  • 65.1
  • 64.8
  • 68.9
  • 66.0
  • 65.5
  • 66.6
  • 63.3
  • 63.3
  • 65.0
  • 72.3
  • 64.6
  • 68.0
  • 66.1
  • 69.6
  • 62.9
  • 71.0
  • 順位
  • 9
  • 11
  • 12
  • 14
  • 4
  • 8
  • 10
  • 6
  • 16
  • 16
  • 13
  • 1
  • 15
  • 5
  • 7
  • 3
  • 18
  • 2
  • 予想オッズ
  • 11.4
  • 17.6
  • 36.1
  • 32.4
  • 9.7
  • 23.8
  • 13.6
  • 取消
  • 取消
  • 34.9
  • 42.0
  • 1.5
  • 26.5
  • 13.2
  • 39.1
  • 8.9
  • 10.1
  • 7.6
  • 順位
  • 6
  • 9
  • 14
  • 12
  • 4
  • 10
  • 8
  • 17
  • 17
  • 13
  • 16
  • 1
  • 11
  • 7
  • 15
  • 3
  • 5
  • 2
  • 単勝

  • 複勝

  • 枠連
  • 馬連
  • 12
  • 12
    18
    16
  • 6-8
  • 12-18
  • 140円
  • 110円
    220円
    300円
  • 390円
  • 750円
  • 1番人気
  • 1番人気
    3番人気
    7番人気
  • 1番人気
  • 3番人気
  • 馬単

  • ワイド

  • 三連複
  • 三連単
  • 12-18
  • 12-18
    12-16
    16-18
  • 12-16-18
  • 12-18-16
  • 950円
  • 390円
    530円
    1,530円
  • 2,960円
  • 7,340円
  • 3番人気
  • 2番人気
    6番人気
    17番人気
  • 9番人気
  • 15番人気

「ヴィクトリアマイル」はレイティングの1~4位と予想オッズの1~4位が完全に一致していますので、このレースでは(5)(12)(16)(18)の4頭だけが馬券の対象となります。

馬券の組み立て

ここでは対象馬の馬券の組み立てについて解説します。結論から申し上げますと、「RO理論」では対象馬のボックス買いが基本です。

■ボックス購入時の点数
  • ボックス頭数
  • 馬連・ワイド
  • 馬単
  • 三連複
  • 三連単
  • 4頭
  • 6
  • 12
  • 4
  • 24
  • 5頭
  • 10
  • 20
  • 10
  • 60
  • 6頭
  • 15
  • 30
  • 20
  • 120
  • 7頭
  • 21
  • 42
  • 35
  • 210
  • 8頭
  • 28
  • 56
  • 56
  • 336

オッズや軍資金の大小にもよりますが、点数は券種にかかわらず最大40点くらいが妥当。ボックス買いでは人気薄同士の組み合わせも入るため、的中優先で考えるとベストな選択肢です。

「RO理論」は『レイティング、予想オッズ上位4頭の馬連ボックス買い』が基本ですが、ワイド、三連複、三連単は1番人気~3番人気で決着することが少なく高配当が期待できるという利点があります。

逆に軸馬を1頭ないし2頭決めて流せば点数は絞れますが、軸馬が人気サイドの馬であれば配当妙味は薄れてしまいますので推奨しておりません。

「レイティング」「予想オッズ」を「AP」「VP」に置き換えると…
今回、宝城哲司氏とのコラボにより提供を開始する【お宝レース】では、上記の「レイティング」と「予想オッズ」の代わりに「馬券マネジメント」独自の指数である「AP(能力値指数)」「VP(期待値指数)」で1~4位、つまり◎~△に評価された馬が馬券の対象となります。

そこで、2015年7月~2020年6月の5年間に行なわれた新馬戦・未勝利戦・障害戦を除く9,468レースを対象に、AP/VPのいずれかで◎~△に評価されていた馬のボックス馬券を購入した場合の的中率と平均オッズを調べてみました。

調査対象は馬連・ワイド・三連複で、ワイドの的中率については1点のみの的中も3点すべて的中した場合も1レースとして計算しています。

■ボックス購入時の的中率
  • ボックス頭数
  • 馬連
  • ワイド
  • 三連複
  • 4頭
  • 49.4%
  • 76.4%
  • 25.3%
  • 5頭
  • 49.5%
  • 76.2%
  • 28.8%
  • 6頭
  • 50.2%
  • 77.5%
  • 30.3%
  • 7頭
  • 55.5%
  • 81.9%
  • 33.1%
  • 8頭
  • 55.3%
  • 90.4%
  • 35.1%

■ボックス購入時の平均オッズ
  • ボックス頭数
  • 馬連
  • ワイド
  • 三連複
  • 4頭
  • 23.5倍
  • 6.7倍
  • 38.5倍
  • 5頭
  • 54.1倍
  • 13.8倍
  • 123.5倍
  • 6頭
  • 91.1倍
  • 22.3倍
  • 273.1倍
  • 7頭
  • 121.1倍
  • 29.1倍
  • 421.2倍
  • 8頭
  • 160.1倍
  • 37.3倍
  • 628.9倍

上記を簡単に補足しますと、AP◎~△とVP◎~△が同じ4頭に集中しているレースでその4頭のワイドボックスを購入した場合、買い目6点の平均オッズが6.7倍、76.4%のレースで少なくとも1点が的中。同じ4頭ボックスの三連複的中率が25.3%ですから、ワイド的中レースのおよそ3分の1は3点すべて的中という計算になります。

「お宝レース」は「1日1鞍」の提供となります!
宝城哲司氏のノウハウを注入した新サービス【お宝レース】は「1日1鞍」の提供を予定しております。以下にてご参加の手順を記載いたしますので、奮ってご参加いただけましたら幸いです。

※重要※
上記では宝城哲司氏の「RO理論」に基づいてボックス購入時の的中率と平均オッズを記載しておりますが、【お宝レース】の推奨買い目は必ずしもボックスとは限りません。
解析状況に応じて選定いたします。
なお、券種は原則として馬連またはワイドのいずれかとなります。

【お宝レース】ご参加手順

(1) 「レース当日正午まで」に参加ご希望日のチケットをご購入ください。
▽販売チケット:
・お宝チケット1枚(土曜分):1万円
・お宝チケット1枚(日曜分):1万円
※提供対象レースは「レース前日の夕方」にお送りするメール内でお伝えいたします。

(2) 「レース当日正午過ぎ」に対象レースのライセンスを弊社側で発行いたします。
公開の準備が整いましたらメールにてお知らせいたしますので、「解析結果を見る」にて対象レースのレース番号をクリックして解析結果と推奨買い目をご確認ください。
【お宝レース】参加お申込みはここをクリック!  ※メールソフトが起動したら、そのままご送信ください。
「馬券マネジメント」のトップページに戻る
宝城 哲司
(ほうじょうてつじ)
プロフィール
2001年の著書「競馬ブック対応当たる当たるRO理論」でいきなりデビューヒット。
以降もコンビ指数を使用する「日刊スポーツは黄金の必勝法だった」等、競馬専門紙、スポーツ紙を最大限に活用するデジタル馬券理論を数多く発表。
2006年4月に「競馬ブックのここだけ見れば儲かります! 」
2007年1月に「日刊スポーツ(コンピ+人気指数)だけで競馬は勝てる! 」(書籍はいずれもメタモル出版刊)、
2013年11月に「ワイド3点馬連3点 競馬ブックで確実に稼ぐ技術」(スタンダードマガジン刊)
2016年1月に「ワイドの達人が明かす 競馬ブック 最強のメソッド」(主婦の友社刊)
2017年6月に「競馬ブック VR 黄金の方程式」(主婦の友社刊)を発売するなど20年以上に渡り、指数研究を続けている。
競馬ブック VR 黄金の方程式
ワイドの達人が明かす競馬ブック最強のメソッド
Tau Project Co.Ltd./Tetsuji Hojyo