馬券マネジメントでは、これまでも定期的に解析プログラムのアップデートを行なってきましたが、 今回のサイトリニューアルを機会にいわゆるマイナーチェンジではなく、 投資型レースのランクおよび推奨買い目の選定ロジックまでを含めた大幅なバージョンアップを行ないました。 そのため馬券マネジメントを長くご利用いただいている会員様ほど、従来との違いに戸惑う部分も多々あるかと存じます。 このページでは従来の解析プログラムと「どこがどのように変わったか」を具体的に紹介しておりますので、ぜひ最後までご一読いただけましたら幸いです。



馬券マネジメントの解析プログラムでは過去10年分(約30,000レース)のデータを用いて、 各馬がレースで好走する可能性の高さを示す「能力値指数(AP)」と、 各馬の馬券を購入した時に収支が黒字となる可能性の高さを示す「期待値指数(VP)」を算出しています。
そのAPとVPの算出にどのようなデータ(ファクター)を用いているかは企業秘密ですので、 ひとつひとつを具体的にお伝えすることはできませんが、過去走における走破タイムや着順、人気など、 いずれも数値で示すことができる客観的なデータに限られ、見る人によって評価が変わる主観的なデータは一切含んでおりません。
そして今回のリニューアルでは、出走間隔と騎手に関する新しいファクターを採り入れ、解析精度のさらなる向上(次項参照)を図りました。


能力値指数(AP)…各出走馬の能力=レースで上位に入線する可能性の高さを示す数値。 解析結果をみるではこの数値が高い馬から順にAP評価として◎○▲△×☆の印をつけています。 なお、旧解析プログラムではAPを0~99の100段階で評価しておりましたが、 新解析プログラムでは各馬の馬券圏内確率(複勝確率)をそのまま示すように変更しました。 たとえばAP30ポイントの馬であれば馬券圏内確率は30%ということになりますが、誤差は年間で1%未満に収まる精度を備えています。
期待値指数(VP)…各出走馬の期待値=馬券を購入した際に収支が黒字となる可能性の高さを示す数値。 解析結果をみるではこの数値が高い馬から順にVP評価として◎○▲△×☆の印をつけています。 旧解析プログラムではVP評価に印がついていても推奨買い目に含まれないケースや、 逆にVP評価が無印でも推奨買い目に含まれる場合がありましたが、新解析プログラムはVP評価がそのまま推奨買い目に反映されるシステムになりました。
なお、AP評価およびVP評価で◎○▲△×☆に推された馬の単複成績を、新旧の解析プログラムで比較すると以下のようになります。 AP評価に関してはそれほど大きな変化はありませんが、VP評価は◎の勝率・複勝率が下がっている反面、回収率は単複ともに向上。 VP評価の○▲△×☆は従来の回収率を維持しつつ、勝率・複勝率が向上しています。






馬券マネジメントでは解析結果を基に各レースの予想配当レベルを算出しています。 ただ、これまでは非公開データとして内部での利用に限定してきました。 今回のリニューアルでは、この予想配当レベルの算出プログラムも大幅にバージョンアップ。 次項でご説明しているとおり、投資型レースにおきましては予想配当レベルの高さがそのまま推奨買い目の点数に反映されるシステムになりました。
なお、予想配当レベルは「高」「中」「低」の3段階評価で、それぞれの馬連平均配当、三連複配当を比較すると以下のようになります。




投資型レースでは解析結果を基に推奨買い目が機械的に決定されます。 新解析プログラムの推奨買い目は下記のとおりです。 旧解析プログラムとの最大の違いは、VP評価☆(6位)の馬までが買い目対象に含まれ、 三連複の最大購入点数が従来の5頭ボックス(10点)から6頭ボックス(20点)に拡大されたこと。 前項でご説明したとおり、予想配当レベル「高」と判定されたレースの三連複平均配当は3万7000円を超えています。 そのため6頭ボックスでも十分黒字が見込める上に、的中率がアップすることで短期的な成績が安定すると判断した次第です。


※推奨買い目点数は固定ですが、予想配当レベル「高」の三連複(6頭ボックス20点)以外は解析結果によってボックス、フォーメーションなど、組み合わせのパターンは変わります。


馬券マネジメントでは解析結果を基に各レースの予想配当レベルを算出しています。 ただ、これまでは非公開データとして内部での利用に限定してきました。 今回のリニューアルでは、この予想配当レベルの算出プログラムも大幅にバージョンアップ。 次項でご説明しているとおり、投資型レースにおきましては予想配当レベルの高さがそのまま推奨買い目の点数に反映されるシステムになりました。
なお、新解析プログラムの推奨買い目を推奨資金配分どおり購入された場合、期待値ランク別の成績は以下のようになります。