解析全体の「指数」数値に着目。レースごとの出走馬「指数」数値はもちろん、1日のレース全体の「指数」数値も分析し、最も高期待値の解析指数状況となっている1鞍を厳選。AP指数パターンの数値、VP指数の数値に加え、全体的な「指数の境目」を見て判断。
1年で69億円超の収入があったなら!
こんばんは。『解析指数担当』です。お世話になります。

唐突ですが『【BM特選レース】用解析プログラムVer.2.0』には「血統」に関するファクターも多数含まれています。

そんな「血統」にまつわる話なのですが、先日2017年の社台スタリオンステーションの種付け頭数が発表されました。

国内最高金額の種付け料3000万円を誇るディープインパクトですが、今年は231頭に種付け。

1年の実稼働半年に満たない期間で

続きをお読みになるには、無料会員登録が必要です。
会員登録時の注意を必ずお読みいただき、同意の上ご登録ください。

世界最高賞金額のレースに…
こんばんは。『解析指数担当』です。お世話になります。

本日のコラムでは25万超獲得実績がある“直千”と、【特別提供条件】について書いていこうかと思いますが、その前にこの話題から。

現在の世界最高賞金額のレースは今年から新設されたアメリカのペガサスワールドカップですが、これまでは2011年に日本のヴィクトワールピサが勝ったドバイワールドカップでした。

そして、この度オーストラリアで芝のレースとしては世界最高賞金額となるレースが新設され、日本からオーストラリアに移籍していたブレイブスマッシュが出走予定との事。

日本のGIで最高賞金額は1着3億円(ジャパンカップ、有馬記念)であるのに対し、前述したいずれもの海外レースはそれ以上の1着賞金額となります。お金があるところにはあるものですね。

ちなみに、今回のオーストラリアの新設GIは芝1200m戦というのも日本の競馬ファンからすれば少なからず違和感があるはず。

高松宮記念やスプリンターズSの賞金額が最も高くなるようなものですからね。

オーストラリアには日本の天皇賞(春)にあたる長距離の伝統GIもありますが、短距離も日本以上に主流ですのでオーストラリアらしいと言えばオーストラリアらしい今回のGI新設でした。

この新設GIレースは「ジ・エベレスト」という名前ですが、日本調教馬の出走予定は無いので残念ながら「凱旋門賞」などのように日本では馬券販売がありません。

しかし、このレースに出走した馬の中から年末の「香港国際競走」へと転戦する馬がいるかもしれません。「香港国際競走」は例年多くの日本馬が出走し、国内での馬券発売も行われる可能性が高いだけに、弊社でも「解析」を使用したレース提供を行う可能性があります。

弊社サービスを長くご利用されている方ならばご存知の通り、「海外競馬」は弊社解析の「稼ぎどころ」の一条件。弊社の客観的な「解析」と、日本馬券ファンの海外競馬に関する「知識不足」が相まって、昨年の「香港国際競走」でも好成績を収めているだけに、弊社スタッフとしても海外競馬の動向には引き続き注目しています。

いつも解析の事だけでは味気ないかと思いましたので、今回は少し違ったニュアンスからコラムを書き始めてみました。

さて、それでは本題に参りましょう。今週末の【BM特選レース】ですが

続きをお読みになるには、無料会員登録が必要です。
会員登録時の注意を必ずお読みいただき、同意の上ご登録ください。

【BM特選レース】にとって“超ドル箱開催”!?
こんばんは。『解析指数担当』です。お世話になります。

今週末の【BM特選レース】は、

・10月7日(土) 東京09R「西湖特別」(ダート1600m)【混沌マイル】
・10月7日(土) 東京11R「サウジアラビアRC」(芝1600m)【混沌マイル】
・10月8日(日) 東京09R「鷹巣山特別」(芝1600m)【混沌マイル】

の3鞍を提供いたします。

今週は

[【※注目!】【BM特選レース】オリジナル勝負理論「混沌マイル」該当レース]

が3鞍。「混沌マイル秋祭り」としてお届けします。

そして、この3鞍ですが…

解析の結果から…

“超ドル箱開催”

となる可能性もある、反転の期待「特大」な3鞍となりました。「軸馬」もすべて選定済みです!

該当3鞍のすべてで、まるでカードマジックで自分が選んだカードが1枚浮き出てくるかのように、解析結果から抜けた「軸馬」がおりました。

3鞍それぞれ3頭の「軸馬」に共通するのは確かな「能力値」評価があり、高い「期待値」評価を獲得。

「混沌マイル」の舞台自体が「複勝率68.0%、平均単勝オッズ4.9倍」と、過去10年の1番人気馬平均である複勝率64%、平均単勝オッズ2.7倍を上回る成績を残しているだけに、高い「期待値」評価はこの3鞍が額面通りの配当妙味を兼ね備えている何よりの証拠です。

そして、今週から始まる「東京・京都」は弊社の通常解析にとって“ドル箱開催”です。もっぱら専用解析プログラムを導入している【BM特選レース】にとっては“超ドル箱開催”となる可能性すら秘めています。

そもそも、なぜ「東京・京都」イコール“ドル箱開催”なのかは

続きをお読みになるには、無料会員登録が必要です。
会員登録時の注意を必ずお読みいただき、同意の上ご登録ください。

期待通りの高解析数値
こんばんは。『解析指数担当』です。お世話になります。


続きをお読みになるには、無料会員登録が必要です。
会員登録時の注意を必ずお読みいただき、同意の上ご登録ください。

推奨買い目の●●を大公開!?
こんばんは。『解析指数担当』です。お世話になります。

今週末の【BM特選レース】は、

・9月23日(土) 中山11R「セプテンバーS」(芝1200m)<爆発レベル「?」>
・9月24日(日) 阪神09R「甲東特別」(芝1600m)【混沌マイル】<爆発レベル「?」>
・9月24日(日) 中山11R「オールカマー」(芝2200m)<爆発レベル「?」>

の3鞍を提供いたします。

ところで、コラムのタイトルはご覧いただけましたでしょうか?

「推奨買い目の●●」

この●●に入るキーワードについて当コラムでお話ししていく内容になるのですが、会員の皆様は何を想像されましたか?

●●に入る言葉は、

続きをお読みになるには、無料会員登録が必要です。
会員登録時の注意を必ずお読みいただき、同意の上ご登録ください。