馬券マネジメントとは、期待値が高い馬券を長く買い続けることで一定の利益を出す投資法です。「本当に儲かる馬券の買い方があるのなら、公表せずに自分ひとりで儲けていればいいではないか」と考える競馬ファンは多いと思います。そこで、なぜ私がこの投資法を公開するに至ったのかを説明します。
 私は、馬券で利益を出すことができる理論は公開してこそ価値が上がると考えています。学術論文でも同じことが言えますが、どんな理論でも他人から認められて初めて「理論」として成立します。どれだけ完成度の高い考え方でも、自分の中で燻らせているだけでは、ただの独りよがりでしかありません。
 展開予想やパドック診断などはメジャーな予想法として多くの競馬ファンに定着していますが、期待値に着目した予想はまだそれほど一般的とは言えません。実際に期待値について言及すると、「競走馬は生き物なのに、それを数字だけで語るなど滑稽だ」と煙たがられるケースも多いというのが、今の競馬予想の現状です。
 パチンコ業界では石橋達也氏の「ボーダーライン理論」という期待値だけに着目した理論が提唱され、現在では大きな地位を得ています。ボーダーライン理論のように馬券マネジメント理論を発端として、期待値という観点が競馬予想においても大きな地位を得ることが私の最終的な目標なのです。
 しかし、解析数値や推奨買い目を全レース無料で公開すると必然的にアクセス数が増大し、サイトに大きな負荷がかかったり、投票集中によってオッズが低下して十分な利益を出せなくなったりするなど多くの悪影響が生じます。そこで解析結果によって無料で公開するレースと、有料で公開するレースに分けているわけです。
 当然、無料で公開するレースよりも有料で公開するレースのほうが的中率も回収率も高く、より少ないレース数で収支を黒字に収束させることが可能ですが、無料のレースも年単位で見れば十分に黒字が見込めます。まずは無料公開レースで「統計学で競馬に勝てる」ということを実感してください。


第2回

第3回